第31回
国際生物学オリンピック2020
長崎大会 in 佐世保

開催日:2020年 7月3日(金)〜 7月11日(土)
開催地:長崎県佐世保市 長崎国際大学

トップページ

新型コロナウイルスに対応した
IBO2020開催方針

委員長挨拶

国際生物学オリンピックと日本生物学オリンピックは、生物学に関心を持つ高校生や中学生に、生物学に対する自らの知識、技量を高め、将来は生物学分野でのリーダー的存在となるための大いなる刺激と目標を与えるものです。

このたび私どもは、我が国の理科教育活性化の一環として、 2009年に続いて、国際生物学オリンピックを2020年に長崎県で開催するために、「国際生物学オリンピック2020組織委員会」を設立いたしました。この国際大会を2回開催するのは、国際生物学オリンピック発足直後の参加国数の少なかった時期を除けば、世界で初めてです。

全文を読む

 

IBO2020 開催概要

IBO Challenge 2020の概要はこちらからご覧いただけます。

名称
第31回国際生物学オリンピック2020長崎大会

開催日
令和2年(2020年) 7月3日(金)〜 7月11日(土) 9日間

開催場所
長崎県佐世保市 長崎国際大学

表彰
参加生徒の、実験と理論の成績を総合評価して、成績の上位から概ね10%に金メダル、続く20%、30%にそれぞれ銀メダル、銅メダルを授与する。

事務局
第31回 国際生物学オリンピック2020長崎大会 事務局
102-0091 東京都千代田区北の丸公園2-1 科学技術館内
電話 03-3212-8518 ファックス 03-3212-7790 メール ibo2020@jsf.or.jp

通常は下記にご連絡ください。

〒162-8601  東京都新宿区神楽坂1-3 東京理科大学 1号館13階 IBO2020事務局
電話 03-5228-8286
メール ibo2020@jsf.or.jp

IBO2020 スポンサー企業

プラチナスポンサー

ゴールドスポンサー

シルバースポンサー

※トップページにはシルバー以上のスポンサー企業を掲載しております。

IBO2020 サプライヤー企業

 

シグマ アルドリッチ ジャパン合同会社はメルクのグループ会社です。

 

株式会社 両口屋是清

IBO Challenge 2020 協力企業

Powered by AWS Cloud Computing

 

ジャポニカ生物帳

学術名に「ジャポニカ」と名のついた生物をご紹介!

PCでは、画像にカーソルを合わせると説明を読むことができます。

ブラウザを更新すると生物も切り替わります!

Eutrema japonicum

No.10 ワサビ

Eutrema japonicum

フウチョウソウ目アブラナ科ワサビ属の双子葉植物。草丈20-40㎝。春に白い花をつける。山地の渓谷に自生するが、日本では栽培が盛んである。日本、朝鮮半島、ロシアに分布。刺激性の辛味をもつ。地下茎をすりおろして薬味として利用することが多い。

Luehdorfia japonica

No.23 ギフチョウ

Luehdorfia japonica

チョウ目アゲハチョウ科ギフチョウ属のチョウ。本州の里山に生息。成虫は翅を開くと5〜6cm程度。幼虫の食草はヒメカンアオイ、ミヤコアオイ。成虫は春にカタクリに吸蜜に訪れ多くの写真家を虜にしている。

Branchiostoma japonicum

No.05 ヒガシナメクジウオ

Branchiostoma japonicum

ナメクジウオ目ナメクジウオ科ナメクジウオ属の頭索動物。体長は5㎝。日本の関東〜九州の太平洋岸と瀬戸内海に分布が集中。中国にも分布。砂質の海底で生活。脊索はあるが脊椎はなく、頭部も分化しない。鱗はなく半透明な身体。

Mimobdella japonica

No.28 マネビル

Mimobdella japonica

吻無蛭目ナガレビル科マネビル属。沖縄に分布し、水田、湿地、沼地などに生息する。体長約70mm、幅約7mm。顎や歯を持たないヒルの仲間であり、ミミズなどの無脊椎動物を丸ごと飲み込むことで食料を得ている。